login00 (login00) wrote,
login00
login00

新制度「NISA」でトクする仕組み

第二皇女であり彼の後見として立ったリリ皇女が意欲的に彼をサポートしたこともあり彼の成長は加速していた。

帝国は勇者を秘匿し、戦場以外で彼を見ることはほとんどない。

たまに凱旋で皇都の通りに出ることがあっても全身鎧に大仰な兜を纏うことを乞われていたためか、彼の姿を知る者は実は少ない。

生活のほとんども城で過ごすことになっている。数日おきの戦闘への出陣を思うと妥当ではあるが。

「リミアの勇者さんはレベル138、か。これで俺の手伝いとかできるの?」アディダス 靴

智樹はもう一人の勇者の情報を教えてくれた皇女に、響のことを馬鹿にするでもなく純粋な意味で聞いた。何せ自分の三分の一程度のレベルしか無いのだ。それで共に戦うという光景になるのか些か不安だった。

「まだ呼ばれて間もありませんもの。これからどうなるかはわかりませんよ智樹様」

皇女は智樹を様付けで呼び、にこやかに応じた。初めて会った時には凛として冷たい印象を抱いた智樹だったが、時が経つにつれその反応は柔らかくなっていき、今の彼女を表現するのなら優しい貴族のお嬢様、だろうか。

智樹の憧れるタイプで、これも魔眼という能力の影響だろうと彼は喜んでいた。

異世界初日に色々と案内された時に智樹のことは密かに詳細に調査された。その折判明した魔眼については皇女に影響を及ぼすはずはないのだ。他ならぬ彼女が皇族にその影響がでないよう対策をうったのだから。

調べられたとも思っていない智樹の方では話してない魔眼のことを知られているとは思わず疑惑すら抱いていない。

智樹は魔眼、そして不死の特性を誰にも話していない。自分にマイナスの影響が出そうなことや切り札になりそうな力について全部話してしまう気にはなれなかったからだ。不死の特性についてはまだ誰にも知られていない。

「うーん、そうだよな。俺も最初は98だったんだし。すぐに上がるか」

現時点ではまだ計画の段階に過ぎないが、魔族が死守している一つの砦を攻略する話が今帝国で持ち上がっている。ただその作戦はどうしてもリミアを始めとした他国の力を借りなければ実現できない大規模作戦で、実質リミアの勇者が最低限使い物になる段階に進むのを待っているのだった。

だからこそ、リミアの勇者音無響について帝国は常に最新の情報を掴むべくリミア王国に間者を送り込んでいるし。遠く離れたこの皇都に正確な情報が届いている。

そんな作戦の話を城内で知るに至った智樹がリミアの勇者の情報を知りたがったのも、無理からぬことだといえた。

「でも智樹様、どうして急にリミアの勇者の話などを?もしかして……お知り合いですの?

「違うよ。名前を聞いたけど知らない人。年は18なんだっけ。三つ年上なんて知ってる人いないし」

「ではどうして?女性で綺麗な方みたいですから、欲しくなりました?」

皇女は悪戯を思いついたように智樹の後ろに回ると彼の首を両手で抱いた。adidas originals

「何、妬いたの?大丈夫だよ、俺はリリと皆で十分幸せだからさ」

「……本当に?誰か欲しい人がいたら言ってくださいね。覇者が女性を求めるのは自然なこと。私はそれを咎めたりしませんから」

耳元で囁く。甘い声で。

智樹は満足げに頷いた。

「ああ、その時は遠慮なく言うよ」

「ええ」

「今日は戦いは?」

「そうですわね、北西のラインが一部侵されているようですから、行くならそこでしょうか」

「そう。どうするかな」

「まずは昼食にいたしましょう?私、貴方を呼びに来たんですよ?」

「だったね。わかった、じゃあ行こうか円卓に」

「はい、智樹様」

二人は
http://www.shoessrecognize.info
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments